マインドマップ・マインドマッピングとは?

|

マインドマッピング(Mind Mapping)もしくはマインドマップ(Mind Map)は、トニー・ブザンが提唱した、図解表現技法の一つです。


表現したい概念の中心となるキーワードやイメージを図の中央に置き、そこから放射状にキーワードやイメージを繋げていくことで、発想を延ばしていく技法のことです。

この方法によって複雑な概念もコンパクトに表現でき、非常に早く理解できるとされ、注目され始めております。 人間の脳の意味ネットワークと呼ばれる意味記憶の構造によく適合しているので、理解や記憶がしやすいという特徴があります。

 

提唱者のトニー・ブザンは、マインドマッピングについて12のルールを定めており、「それに従っていないものはマインドマップとは呼べない」と主張しているとのこと。しかし現実には、このルールに従っていない自称「マインドマップ」が、書籍などでも数多く流通しているようです。また、マインドマップとほぼ同様のものをメモリーツリーと呼んでいる場合もあります。

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia))

 

カテゴリ

ウェブページ