【ドラゴン桜】の最近のブログ記事

「ドラゴン桜」 

東大合格に向けて数学、英語、国語、理化、社会の勉強方法を紹介しているマンガですが、
資格取得のためのノウハウも盛りだくさんに詰め込まれています。

 マインドマップ (メモリーツリー)
 時間帯による勉強法
 カタのはめ方
   etc

勉強の合間の脳を休める時間にでも、読んでみてはいかがでしょうか。
目からうろこの情報がちょこちょこと散らばっております。

また、モチベーションの高め方や脳科学に基づいた勉強方法はためになります。

出版社/著者からの内容紹介
「教えてやる!東大は簡単だ!!」
常識破り 処世術

弁護士・桜木による落ちこぼれ高校の再建計画、その内容は東大合格者100人!!
日本のルールは東大を出たやつが作っている
だから......東大に入れ!!

もっとも効率的な学習法を教えよう!!

<東大入試の秘訣>
●その1 1年間しか時間がないなら、東大理科一類を目指せ!!
●その2 まずは国語の勉強をせよ!!
●その3 古典・漢文で得点を稼げ!!
●その4 古典・漢文は、マンガを使って勉強しろ!!
●その5 脳を効率よく使え! 記憶ものは寝る前に!!


資格取得、株、FX、経済、世界情勢、英語、生き方、、etcと、
本屋さんを探せば、マンガで描かれた入門書が結構見つかります。

勉強をこれから始めようという方は、まずはマンガの入門書で
基本的な内容を頭に入れてしまうのが、本格的な勉強へステップアップする前の
よい準備体操となります♪


明確な目標を掲げる

|
資格取得がゴール(目標)なのか、手段として一通過点なのかは人それぞれだと思いますが、
資格取得で大事なことは、明確な目標を掲げることです。

具体的な目標を掲げ、はっきりとしたゴールを定めることで、
何を準備すればよいかが分かり、達成への道筋がおのずと見えてくるからです。

また、モチベーションを維持するための源となります。

自分のありたい姿を目標とし、それがイメージできるようになるまで
よ~く考えてみることが大切だと思います。
 ・時間の大切さ

 ・決断力

 ・やる気

 ・チャンス、機会は必ず活かす
勉強しないと気持ちが悪いと感じるようになる。

 →勉強を習慣化させる!!


  • 1日、10分でも必ず勉強する。
  • 5分単位でも、勉強できるように準備をしておく。
  • 5分単位なら合計30分は勉強できる時間は確保できる!!


起きてから3~4時間後、脳は最も活発に働く
 →思考力が必要な問題

人間の集中力は、1時間半が限界
 →1時間半ごとに違う科目(資格)の勉強を行う。

昼寝の直前にコーヒー、緑茶などのカフェインの強いものを飲む。 
 →寝すぎないため

睡眠中に短期記憶から長期記憶に変わる
 →夜は記憶もの
 →15分後とに違う勉強をする

勉強とは合理性と効率
 →脳と身体のメカニズムを相乗した科学的トレーニングが有効
 →睡眠と食事はしっかりと取る。
 →脳を疲れさせないこと!!
 →脳が効率的に吸収できるスケジュールを組むことが重要
情報処理技術者試験、中小企業診断士(財務・会計)、FPなど計算問題が含まれる資格は多数あります。

計算問題は条件反射で解けるようになりましょう!!

公式は確実に覚える
いろいろな問題を浴びる
処理能力とスピードを身につける

 →繰り返しが重要!!
試験本番(文章題の場合)では、0点を取らない解答、失点を防ぐ解答が有効な戦法となることがありますが、試験勉強では、満点を目指した勉強をしましょう。

試験勉強で、妥協をしないためです。

また、満点を取ることで、達成感と次へのモチベーションとなります。
短いと問題と長い問題では、長い問題から解く!!

問題が長ければ、条件がいろいろと与えられていることが多く、
自分で考える余地が小さくなるため。
問題は、
 作問者が
  解答者に問いかけている。

・この知識、知ってますか?
・公式は、覚えてますか?
・どのような考え方を持っていますか?
・どのようなプロセスで解答を導きましたか?


→出題者の意図を感じ取れるようになる!!

時間があれば、自分で問題を作成していみることが、有効な手段となる。
ものを考えるときは、書いて考える!!

 →思考の硬直化を防ぐ。

 →頭の中だけだと、実は何も考えていない。

※脳と手は、身体の構造上、連動している。
  →手を動かすことで、脳が活性化される。

書いて覚える!!

|
脳と手は、身体の構造上、連動している。

 →書くことにより、脳が活性化される。

 →見て覚えるよりも効果ある!!
参考書や教科書に線を引いたり、蛍光ペンで塗ることはよくない。

 →線をひくことや蛍光ペンで塗ることで勉強した気になってしまうから。

 →また、次に、参考書や教科書を見たときに、線が引いてあると、
  覚えた気になってしまい、もう一度読む気力が薄れてしまうから。



  • 参考書、教科書はきれいなままの真っ白にしておく!!
  • ノートに書き写して、そちらを汚すことが効果的。

自分の考えの伝え方

|
文章題の答案にて、いかにして自分の考えを伝えればいいのか?

 →出題者の立場になって、解答する。

■ポイント
  • 「これで分かってもらえるのか」と自分自信に疑問を投げかける
  • 自分本位の文章にしない
  • 出題者は何を求めているのか
 -知識はあるのか
 -問題の意図に正しく答えているのか
 -文章のテクニックはあるのか

論理的な文章の書き方

|
1.テーマを具体的にする。
2.結論を簡単に説明する。
3.テーマを取り上げた理由を説明する。
4.テーマについてどのような問い(問題)があるのか、問いかける。
5.テーマについて一般的な意見を説明する。
6.問いを検討し、自分の主張と一般的な意見との差異を具体例を踏まえて説明する。
7.要点をまとめる。


1.文章は短く
2.修飾語はあまり使わない
3.主語、述語の関係を明確にする
4.こそあど言葉は使わない
5.接続詞により、文の関係を明確にする

 ・だから
 ・しかし
 ・なぜなら
(資格取得において)とある情報を知っているかしないかで、有利か不利の差がでてしまう。

 ※ここでいう情報とは、試験で出題されるような知識的なことではなく、
  試験を受けるに当たってのテクニック的なことなどである。

 例えば、
  ・FP技能士の実技選択問題であれば、個人資産管理が簡単である
  ・TACやLEC等の予備校サイトでは、解説動画が見られる
  などです。

 このような情報は、予備校HPや個人ブログ、口コミなどから入手しやすいので、
 チェックする習慣をつけましょう。
  

グループ別記憶

|
同じグループ、関連することがらは、ひとまとめにして一度に覚えてしまうと、記憶に定着しやすい!!


さらに、一度に覚える際に、語呂合わせやイメージにするとさらに覚えやすくなります。

繰り返して覚える!!

|
「1日10個を10日間で100個覚える」よりも、

「1日に100個を10日間繰り返して覚える」方が、

記憶に定着しやすい。



カテゴリ

ウェブページ