【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  経営情報システム(情報化企画) 2級)

残念!!

【問題 22】
以下に示す<想定条件>を踏まえた場合、BPR(Business Process Re-engineering)の手法として不適切なものは、次のうちどれか。

<想定条件>
 1.X社は、中堅企業の自動車部品メーカーであり、部品の製造販売と同時に新製品の開発も行っている。
 2.社長のA氏は、他社の社長からBPRを実施して成功した話を聞き、コンサルタントのB氏からBPRの説明を受けた。
 3.選択肢は、X社においてBPRがどのように適用できるかをB氏が説明した内容である。

× 
 分業体制となっているライン生産方式を見直し、セル生産方式を導入して、生産性を上げる。
    (選択率 14 %  104/770 )
× 
 新製品開発におけるコンカレントエンジニアリングや、同時並行的な作業が可能なプロセスにおける並行作業の導入等を行い、開発期間の短縮、生産リードタイムの短縮を図る。
    (選択率 7 %  53/770 )
 
 生産管理及び品質管理について、管理職によるチェック&コントロールと調整作業を強化し、業務の円滑化を図る。
    (選択率 49 %  376/770 )
× 
 既存の業界ルールや標準を見直して、新しい業務システムを再設計する。
    (選択率 21 %  165/770 )
× 
 現行の集中・分散、集権・分権制度を見直し、現場で意思決定ができるようにして、業務スピードを抜本的に上げる。
    (選択率 9 %  72/770 )
問題23へ

ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.