【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 前期  ロジスティクス管理 2級)

残念!!

【問題 18】
物流の共同化に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

× 
 物流を共同化する場合には、共同配送だけでなく、共同保管、共同作業(流通加工含む)、情報の共同化についても検討する必要がある。
    (選択率 6 %  134/2350 )
× 
 共同保管を同業の複数荷主企業で行う場合には、それらの物量の変動も同時に起こることが多発することから、作業員のワーク・スケジューリングが重要なポイントとなる。
    (選択率 8 %  182/2350 )
× 
 物流の共同化においては、コストの公平な配分が成功の鍵であり、荷主企業間における合意が最も重要である。
    (選択率 19 %  435/2350 )
 
 共同配送を行う場合には、車両の積載率が重要となることから、貨物積込み拠点は、1箇所に集約されていることが必要である。
    (選択率 62 %  1446/2350 )
× 
 物流の共同化を行うためには、関連する作業情報、貨物情報等の共有化が重要なポイントとなることから、成功事例としては、業界VAN等をうまく活用したケースが多く見られる。
    (選択率 7 %  153/2350 )
問題19へ

ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.