【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 前期  ロジスティクス管理 2級)

残念!!

【問題 31】
物流情報システムの開発と運用に関する留意点として不適切なものは、次のうちどれか。

× 
 物流情報システムの開発に当たっては、まず、物流戦略を立案し、これを実現するための物流情報システムを構築することが必要である。
    (選択率 5 %  114/2096 )
× 
 複数の拠点を管理する物流情報システムの標準化には、各拠点の業務の標準化、評価指標の標準化が重要である。
    (選択率 6 %  130/2096 )
× 
 物流情報と企業内の会計システムとを連動させる場合には、データベースを統合させることが有効である。
    (選択率 25 %  524/2096 )
 
 企業間の売上情報を共有化することにより、企業間のSCM(サプライチェーン・マネジメント)を構築できる。
    (選択率 54 %  1132/2096 )
× 
 物流情報システムの運用に当たっては、システム稼働後に、利用者が利用法を理解し、使いこなすことができるように、教育、サポート体制を整備することが肝要となる。
    (選択率 9 %  196/2096 )
問題32へ

ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.