【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 前期  ロジスティクス管理 2級)

残念!!

【問題 34】
在庫管理システムに関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

× 
 複数拠点における在庫管理では、最新の拠点別在庫をもとに、生産在庫と入荷予定量の配分量を決めるとともに、拠点間の在庫移動量を指示する。
    (選択率 9 %  184/2117 )
× 
 賞味期限管理による在庫管理においては、納品先により賞味期限残期間が異なる場合があることから、引当可能在庫は納品先別に管理する必要がある。
    (選択率 19 %  410/2117 )
× 
 商品管理では、定番商品、季節商品、販促品等、商品のカテゴリー別に在庫回転率、品切れ率等を管理することにより、より適正な在庫管理が可能となる。
    (選択率 17 %  369/2117 )
× 
 在庫受払情報には、日々の入荷実績、出荷実績、引当可能在庫、品切れ情報等が含まれることから、システムとしては、これらを把握できる仕組みが必要となる。
    (選択率 7 %  142/2117 )
 
 在庫適正化のため、需要予測を行うSCP(サプライチェーン・プランニング)を導入して生産計画と連動すると、生産設備の稼働率を大きく向上できる。
    (選択率 48 %  1012/2117 )
問題35へ

ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.