【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  経営戦略 2級)

残念!!

【問題 25】
運輸業における経営戦略の戦略的計画化のプロセスに関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

× 
 一般に運輸業においては規模の経済性が働くため、一定数の顧客から多くの荷物を集荷することが重要となる。
    (選択率 8 %  194/2543 )
× 
 荷主が企業の商流を主業務とする場合、まず考えなければいけないのが大口顧客の獲得である。そのため、営業活動に力を入れるべきである。
    (選択率 7 %  175/2543 )
× 
 一般に運輸業においては、経営戦略を実行する際に大きな資金が必要となる。そのため、資金繰りが計画できない場合は経営戦略そのものを見直すべきである。
    (選択率 9 %  222/2543 )
× 
 配送に携わる従業員は離職率が高いため、業務を標準化し誰でもすぐに業務に入っていけるシステムの構築が必要となる。
    (選択率 8 %  208/2543 )
 
 個人向けの非商流の小口配送における優位性はサービスにある。そのため、まず重視しなくてはいけない業績数値は原価率である。
    (選択率 69 %  1744/2543 )
問題26へ

ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.