【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  ロジスティクス管理 3級)

残念!!

【問題 15】
在庫保有量と評価に関する記述として最も適切なものは、次のうちどれか。

× 
 インターネット書店C社では、ロングテール商品(あまり売れない商品)の品揃えを充実させることによって資産効率を高めている。
    (選択率 4 %  259/6001 )
 
 スーパーマーケットD店では、在庫保有日数に上限を設けて、定期的に在庫処分を行い、商品の鮮度向上に努めている。
    (選択率 55 %  3293/6001 )
× 
 コンビニエンスストアE店では、店頭在庫の補充頻度を調べることにより在庫回転率を算出した。
    (選択率 34 %  2043/6001 )
× 
 卸売業F社では、不動在庫の一斉処分を行って粗利益率を向上させた。
    (選択率 7 %  406/6001 )
問題16へ

ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.