【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  ロジスティクス管理 3級)

残念!!

【問題 2】
トラックの積載率向上施策に関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

× 
 納品先での待ち時間が長いためにその納品先分のみで車を仕立てねばならず積載率が低下している場合、その改善を担当営業部門とともに納品先に働きかけることが有効である。
    (選択率 31 %  4934/15845 )
 
 納品先の発注ロットが小さいために積載率が低下している場合、発注ロットと積載率を調査して改善案を作成し、物流部門が主体となって納品先へ働きかけることが有効である。
    (選択率 41 %  6419/15845 )
× 
 段ボールの段積み制限により積載率が低下している場合、段ボール強度の向上が有効となる場合がある。
    (選択率 18 %  2777/15845 )
× 
 容積勝ち(比重の軽い)の製品については、製品設計時からパレット当たりの積載ケース数を増やすような個装・外装を考慮することにより、トラック1台当たりの輸送量を増やすことが可能となる場合がある。
    (選択率 11 %  1715/15845 )
問題3へ

ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.