【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  ロジスティクス管理 3級)

残念!!

【問題 23】
物流子会社に関する記述として最も適切なものは、次のうちどれか。

× 
 これからの物流子会社は、積極的に3PLビジネスに進出して、株式上場を目指すことが求められる。
    (選択率 8 %  392/4705 )
× 
 親会社の物流管理を行う会社が物流子会社と定義されるため、物流の現業のみを行う会社は、厳密には物流子会社と呼ばない。
    (選択率 11 %  507/4705 )
 
 物流子会社の利点の1つに、「定年退職者・出向者などの受け皿」があるが、一方では、「親会社からの天下りや出向による弊害」が問題として挙げられる。
    (選択率 72 %  3386/4705 )
× 
 赤字部門の外出しのために設立された子会社を保有している場合、投資家からは親会社の個別決算で利益を確保できているかが重要視される。
    (選択率 9 %  420/4705 )
問題24へ

ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.