【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  ロジスティクス管理 3級)

残念!!

【問題 29】
トラック輸送の運賃料金に関する記述として最も適切なものは、次のうちどれか。

× 
 貸し切りトラックの運賃料金は、距離制の場合は走行距離、時間制の場合は走行時間に応じて決定されるため、たとえば納品先での附帯作業の有無によって運賃料金が変動することはない。
    (選択率 11 %  477/4421 )
× 
 トラック運賃料金を届け出る際、国が定める基準運賃の上下20%以内に収まるように運賃料金を設定しなければならない。
    (選択率 12 %  521/4421 )
× 
 距離制の貸し切り運賃を採用している場合に、ドライバーが休息を取るために当初の想定と異なるルートを走行したときには、実際の走行ルートに従って運賃を計算する。
    (選択率 14 %  614/4421 )
 
 積合せ運賃を採用している場合、実質量よりも容積換算質量の方が大きい容積勝ちの貨物は、容積換算質量に基づいて運賃を計算する。
    (選択率 64 %  2809/4421 )
問題30へ

ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.