【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  ロジスティクス管理 3級)

残念!!

【問題 33】
物流情報システムの構成、基幹システムとの関連、設計に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

× 
 物流情報システムは、モノが各現場、企業間等にかかわるのでネットワーク化にはコードやデータ交換方式などの統一、規格化が必要であり、その標準化されたものを前提に設計されている。
    (選択率 33 %  1433/4392 )
× 
 物流データには物量ベースと金額ベースの両方がある。物流業務の改善、物流コストの削減には金額ベースを中心とした物流情報システムの方がよい。
    (選択率 8 %  336/4392 )
× 
 物流情報システムの開発に当たっては、Q(品質)が重要で、C(費用)、D(納期)は考慮する必要はない。
    (選択率 4 %  191/4392 )
 
 情報システムの構築には、@自社が設計し自社で開発する、Aパッケージを購入しカスタマイズする、B外部に設計と開発を委託する、などの方法がある。物流情報システムでは@よりもA、Bの方法の方が多い。
    (選択率 55 %  2432/4392 )
問題34へ

ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.