【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  ロジスティクス管理 3級)

残念!!

【問題 37】
発注処理に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

× 
 コンピュータによる自動発注(CAO)は、発注側で決められた基準に基づく発注数の計算及び受注側の最大発注単位への調整を行うものである。
    (選択率 23 %  955/4066 )
× 
 発注時に発注No.を採番し受注側に送信することにより、商品入荷時の検品作業は廃止できる。
    (選択率 6 %  264/4066 )
× 
 携帯型発注端末は、多品種、大量の発注行数のデータを顧客のオーダーに合わせて発注処理を行うときに効果的である。
    (選択率 20 %  817/4066 )
 
 バックオーダー商品の納品リードタイムをできるだけ短くするには、発注先ごとの締切り時刻に合わせて、発注処理を細分化し、発注することが有効である。
    (選択率 50 %  2030/4066 )
問題38へ

ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.