【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  総務 3級)

残念!!

【問題 11】
インベスター・リレーションズ(IR)に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

× 
 情報開示担当役員(CIO)は、経営トップ(CEO)以外の者が就任することが望ましい。これは適時開示などに関する経営幹部への牽制機能と経営幹部の責任の明確化の観点からである。
    (選択率 20 %  452/2253 )
× 
 IR活動は、経営者自身が直接、株主や投資家に対して説明を行うべきであり、株主や投資家から直接意見を聴取することが望ましい。
    (選択率 32 %  710/2253 )
 
 IR活動においては、「IR活動の実施に関するガイドライン」が定められており、このガイドラインに準拠して実施しなければならない。
    (選択率 41 %  918/2253 )
× 
 IR活動においては、有価証券報告書や決算短信といった定型的な資料だけでなく、個々の会社の状況に応じた会社情報を、分かりやすく株主や投資家に提供することが必要である。
    (選択率 8 %  173/2253 )
問題12へ

ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.