【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  総務 3級)

残念!!

【問題 3】
環境保護に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

× 
 先進国の温室効果ガスの排出量について、法的拘束力のない具体的数値目標を挙げ、定めたのが、1997年12月に採択された京都議定書である。
    (選択率 24 %  852/3530 )
 
 環境保全性、資源保護、再生産性に優れた商品・資材の購入調達を促進するために、いわゆる「グリーン購入法」が定められている。
    (選択率 53 %  1870/3530 )
× 
 企業の環境への取組について、環境省が定期的に企業に対して行う査察調査を環境監査という。
    (選択率 9 %  330/3530 )
× 
 環境問題に対する一般の認識の高まりとともに、企業の対応も次第に変化し、2000年代以降には各企業とも経営戦略の中に環境問題を取り込み、環境報告書を作成することが義務付けられている。
    (選択率 14 %  478/3530 )
問題4へ

ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.