【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
人事・人材開発 2級 (サンプル 1)

残念!!

【問題 28】
退職給付費用に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

× 
 勤務費用とは、将来1年分の勤務に応じて当期に発生するであろう債務増加額の見積もり額である。
    (選択率 6 %  2/32 )
× 
 利息費用とは、期末までの時間の経過により発生する計算上の利息であり、期首退職給付債務に割引率を乗じて算出する。
    (選択率 3 %  1/32 )
× 
 過去勤務費用の費用処理額とは、退職給付制度の改定により発生した退職給付債務の増加又は減少額のうち、当期において計上する費用のことである。
    (選択率 3 %  1/32 )
× 
 数理計算上の差異の費用処理額とは、基礎率に基づき予定計算された退職給付債務と実績値との差額、年金資産の期待運用収益と実際の運用成果との差額等のうち、当期において計上する費用のことである。
    (選択率 16 %  5/32 )
 
 会計基準変更時差異の費用処理額とは、割引率の算定方法や期間帰属方法の選定など、自社が採用する基準を変更した際に発生する退職給付債務の差異のうち、当期において計上する費用のことである。
    (選択率 72 %  23/32 )
問題29へ

ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.