【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
労務管理 2級 (サンプル 2)

残念!!

【問題 22】
子の看護休暇に関する育児・介護休業法の規定に関する記述として適切な組合わせは、次のうちどれか。

A.対象となる子の人数が2人いる労働者は、同一の子の看護のために10日の休暇を利用することはできない。
B.6箇月契約で雇用されている者は、2.5日分の子の看護休暇を取得できるとする取扱いは可能である。
C.子の看護休暇中の賃金を無給とすることは可能である。
D.労使協定を締結することにより、雇入れ後6箇月未満の者は子の看護休暇を取得できないとすることは可能である。
E.子の看護休暇取得当日に電話により申し出をした場合には、事業主はこれを拒むことができる。

× 
 AとB
    (選択率 13 %  5/38 )
× 
 AとC
    (選択率 5 %  2/38 )
× 
 BとE
    (選択率 0 %  0/38 )
 
 CとD
    (選択率 82 %  31/38 )
× 
 DとE
    (選択率 0 %  0/38 )
問題23へ

ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.