【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
労務管理 2級 (サンプル 2)

残念!!

【問題 39】
健康管理に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

× 
 糖尿病、高血圧疾患、高脂血症等の発症には、生活習慣を見直しても効果は無い。
    (選択率 12 %  6/50 )
× 
 事業者が行う健康管理とは、労働者の疾病を早期に発見するために健康診断を行うことである。
    (選択率 10 %  5/50 )
× 
 事業者は、健康に有害な業務に従事している者について、法令に基づき毎年1回特殊健康診断を行なわなければならない。
    (選択率 10 %  5/50 )
× 
 事業者は、定期健康診断結果を労働者に通知しなければならないが、特殊健康診断結果は通知しなくともよい。
    (選択率 6 %  3/50 )
 
 事業者は、休憩時間を除き1週間当たり40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間が1箇月当たり100時間を超え、かつ、疲労の蓄積が認められる労働者が申し出た場合、医師による面接指導を受けさせなければならない。
    (選択率 62 %  31/50 )
問題40へ

ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.