【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成24年 後期  企業法務 3級)

【問題 1】
法令解釈に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

 法令解釈は通常、法規的解釈と学理的解釈の2つに大別されるが、一般に法令解釈というときは、法規的解釈を指す。

 学理的解釈は文理解釈と論理解釈に大別されるが、「もちろん解釈」は文理解釈に分類される。

 文理解釈を行う際に特に注意すべきことは、@立法目的の重視、A法秩序全体との調和、B結果の妥当性である。

 縮小解釈、反対解釈、拡張解釈、類推解釈は、いずれも論理解釈の一種である。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.