【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成24年 後期  総務 3級)

【問題 1】
社史の作成に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 社史作成のきっかけがどのようなものであれ、その目的は明確にしておかなければならない。

 社史編集事務局のスタッフは、専任、兼任いずれでもよい。

 社史作成の期間は、ITの活用等により、近年短縮化されてきていることから、あえて、社史作成の日程計画は作成する必要がない。

 社史編集事務局は、会社の事情を勘案し、社内で最も適した部門に置くのがよい。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.