【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  経営情報システム(情報化企画) 2級)

【問題 1】
経営イノベーションに関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 経営に大きく貢献するイノベーティブな商品を生み出す重要な技術については、特許を取得せずにノウハウとして秘匿して管理し、他社が真似できないような差別化を実現するという知財戦略も必要である。

 組織的に経営イノベーションを創出するために、まず経営者が行わなければならないことは、経営のコンセプトの変更と社員の物の考え方を変えていくことである。

 組織が新事業を創出するには研究開発が重要となるが、研究テーマの重複や研究者の自由裁量時間があることは、イノベーション創出に寄与する要因の1つである。

 組織において、売れる新商品の開発に成功するためには、そのことに携わるプロジェクトメンバーが、顧客価値を共有することが必要である。

 タイミングよくイノベーションを起こすためには、大学等外部の経営資源を活用することが有効である。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.