【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  経営情報システム(情報化企画) 2級)

【問題 14】
業務分析手法に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 業務プロセスの順番やモノの流れを把握するために、工程分析図や業務フローを作成する。

 設備や人員の稼働率や余裕率を把握するために、ワークサンプリングや連続観測法による観測を行う。

 改善のターゲットを特定するために、一連の作業を分割し、分割した作業ごとに時間を測定する。

 作業スケジュールやコストの積算に活用するために、熟練者の正味の作業時間を測定して標準作業時間とする。

 新たな作業に対しては、WF(Work Factor)、MTM(Methods Time Measurement)等の手法を用いて作業時間を見積もり、作業計画を立案する。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.