【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  経営情報システム(情報化企画) 2級)

【問題 15】
問題の分析とその対応策として不適切なものは、次のうちどれか。

 営業部門の一人当たりの売上高が競合他社と比べて15%程低いことから、その原因を分析して対策を立てることにした。

 ここ数年の販売額が徐々に減少してきている理由を分析した結果、我が国の少子化が原因であることがわかったが、自社で対応できる課題ではないため、対応策の検討は不要とした。

 現在、顧客からのクレームの中には大きな問題はないが、今後のために、クレームの内容を分析して潜在的なニーズを摘出し、そのニーズに対する対策を立てることにした。

 競合他社が次々と新製品を出して売上を伸ばしてきたため、競合他社の状況を分析して対策を立てることにした。

 利益分析の結果から、為替レートの変動により輸出関係の利益が大幅に変動していることがわかったため、レートの変動に対応できる販売計画と生産計画を検討することにした。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.