【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  経営情報システム(情報化企画) 2級)

【問題 16】
ボトルネック分析における各種の手法に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

 ゴールドラット博士の提唱した制約理論は、ボトルネックとなっている部分を除外することにより、全体を改善しようとするものである。

 タイムチャート分析は、生産効率の向上を目的として、作業工程の所要時間を調査し、改善していく手法である。

 PERT/CPM(Program Evaluation and Review Technique/Critical Path Method)は、作業項目と進捗状況とをガントチャート図で表現し、完了までの残り作業時間を把握するものである。

 クリティカルパスとは、最速で作業を完了させるために、並行してできる作業を組み合わせることである。

 アローダイアグラムでは、所要時間と要員数を記述できることから、ボトルネックの把握に有効である。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.