【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  経営情報システム(情報化企画) 2級)

【問題 21】
業務改善目標の設定と達成度評価に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 改善目標としては、最終目標だけでなく、マイルストーンとして、中期目標や短期目標を設定することが重要である。

 改善目標は、生産面、人員面、企業のイメージアップ、法の遵守等の視点からも設定される。

 定性的な改善目標の達成度を評価する場合には、評価者個人の好み、価値観等が混ざるという問題点がある。

 費用対効果を測る場合には、効果を明確にするため、あらかじめ、評価する時期、評価する項目、評価する数値単位、評価者等を設定しておくべきである。

 当初設定した改善目標は、途中で目標自体を見直すことは適切ではない。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.