【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  経営情報システム(情報化企画) 2級)

【問題 23】
情報システム開発化計画及びプロジェクト計画に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 情報システムは、自社の経営戦略を実現するものでなくてはならないことから、情報システム開発化計画の開発方針を検討する場合には、まず、中長期の経営戦略、情報化戦略を確認することから始めるべきである。

 開発方針は、経営・情報化戦略だけでなく、自社の経営環境、資源、組織、意思決定プロセス等を視野に入れて検討することが重要であり、それが考慮されていないと、実際には機能しない情報システムとなる場合がある。

 開発方針は、経営戦略、経営環境との整合性確保が最重要であり、変化する技術動向やシステム化動向に左右されてはいけないことから、技術的な実現性は、リスク管理を考慮したプロジェクト計画の立案の中で担保すべきである。

 システム化の目的は、抽象的な方向性の羅列になりがちであるが、目的の到達レベルを数値目標とすることにより、プロジェクトの具体的な目標となり、システム完成時の達成度評価が可能となる。

 プロジェクト計画書は、システム開発作業を開始するための承認及びプロジェクト関係者の合意・協力を得るために必須な文書であり、目的・目標を実現するための具体的なスケジュール、推進体制、プロジェクト管理ルール等が記述される。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.