【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  経営情報システム(情報化企画) 2級)

【問題 25】
システム開発におけるアジャイル開発手法に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

 要求定義から実装まで、増減が少ない一定の要員数で賄うことができることから、ウォーターフォール型に比べて、工数ベースの見積りが正確に行える。

 ユーザー要求や設計要件が全て口頭又はメモで指示されることから、ドキュメントを作成する必要がない。

 開発プロジェクトの要員スキルでは、ユーザーとの折衝能力よりも、プログラミング能力のほうが要求される。

 手法の1つとしてペアプログラミングがあるが、通常のプログラミングに比べて、2倍の工数が必要となる。

 外部に委託する場合には、繰返し回数、検収期間、検収方法、最終納期等の作業条件を明確にすることにより、契約上のトラブルを避けることができる。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.