【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  経営情報システム(情報化企画) 2級)

【問題 28】
携帯電話、スマートフォン、タブレット等の携帯情報端末を企業内システムに適用する際のユーザーインタフェース設計に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

 携帯情報端末の画面設計では、パソコンベースの画面設計標準を適用せずに、新たな発想で行うべきである。

 企業内でのユーザーインタフェースを統一するために、オフィス内からアクセスする場合であっても、デスクトップパソコンやノートパソコンを選定すべきではない。

 携帯電話とスマートフォンとで操作性をそろえるため、全ての画面でデザイン(レイアウト)を統一すべきである。

 企業内システムとしての機密保護の観点から、直観的な操作はできないような設計とすべきである。

 在庫更新等の携帯情報端末からのデータベース更新処理は、トランザクション制御の技術が未だに確立されていないことから、照会機能にとどめるべきである。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.