【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  経営情報システム(情報化企画) 2級)

【問題 29】
システムテスト実施に当たり、PERT(Program Evaluation and ReviewTechnique)の手法を用いて、下図に示す日程計画を作成した。
 下図を踏まえた場合、作業日程に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。
 ただし、図中の「W1」から「W10」はテストケースの所要日数を示しており、テスト開始日は0日とする。



 W6のテストケースの終了が1日遅れても、W8のテストケースが予定どおり進行すれば、システムテスト全体の完了には影響ない。

 システムテスト終了の最短完了日数は、55日である。

 W2のテストケースでは、6日の範囲であれば、開始日を遅らせても、作業日数が延びてもよい。

 W9のテストケースは、全てのテストが予定どおり進行した場合においては、10日目から開始することができる。

 この日程におけるクリティカルパスは、W1、W4、W9、W10である。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.