【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  経営情報システム(情報化企画) 2級)

【問題 35】
在庫管理に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 在庫の種類は、製造業では部品、原材料、半製品、仕掛品、完成品等があり、小売業では主として商品があり、これらの種類によって在庫管理の方法も異なる。

 余剰な在庫を持つと、資金の固定化、在庫の劣化・陳腐化、倉庫保管料等が発生し、経営に悪影響をもたらす。

 商品在庫の効率性をみる指標の1つである交差比率は、次の式により表される。交差比率=商品回転率×粗利益率

 在庫管理をする目的は、ABC分析等の手法を使い、余剰在庫を減らすことにある。

 在庫棚卸においては、倉庫にある現物を実際に調査してコンピュータに登録されている在庫数とのチェックを行い、差異が生じていればその原因を究明し、現物在庫数に合わせてコンピュータ上の在庫数を修正する。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.