【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  経営情報システム(情報化企画) 2級)

【問題 37】
POSシステムを活用することによって得られるメリットにおいて、ハードメリットに該当するものは、次のうちどれか。

 商品単品の販売実績を把握することによって、適切な発注処理を行い、品切れ防止、商品回転率の向上等を図る。

 商品単品当たりの粗利益率が低い順番に商品一覧表を作成して、粗利益率の低い商品をカットする等、利益の向上を図る。

 CAT(Credit Authorization Terminal)を活用し、顧客のクレジットカードの有効性や与信限度額をチェックする。

 商品単品の販売実績と棚割との比較・分析を行い、店舗スペースの生産性を向上させ、売上増大を図る。

 新規商品の売上実績を追跡することにより、新規商品が顧客の支持を得ているかどうかを確認する。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.