【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  経営情報システム(情報化企画) 2級)

【問題 38】
eラーニングシステムに関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 eラーニングの学習教材を開発する場合には、一般にオーサリングツールを活用して作成する。

 LMS(Learning Management System)の主な機能には、学習者の進捗・成績管理、教材の配信管理等がある。

 eラーニングで提供する教材は、使用するLMSによってフォーマットが異なる場合があることから、市販のLMSを選択する場合には、対応コンテンツを確認することが必要である。

 eラーニングのコンテンツ開発を支援するソフトには、専門の知識を必要とせず、簡単にインタラクティブな教材を開発できるものもある。

 eラーニングシステムにおいては、個人学習を前提としていることから、講師や他の受講者とコミュニケーションを図りながら学習する環境は提供されていない。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.