【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  経営情報システム(情報化企画) 2級)

【問題 4】
業務プロセスのベストプラクティスに関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

 他社の業務プロセスは、様々な制約条件により自社では実現できないことが多いことから、自社における最も優れた業務プロセスをベストプラクティスとする。

 優れた業務プロセスでも、自社の社員が実行できなければ意味がないことから、自社の平均レベルをベストプラクティスとする。

 競合他社より自社の業務プロセスの方が優れていても、競合他社に比べて自社の業績が悪い場合には、他社の業務プロセスを採用する。

 ベンチマーキングの一般的な手順は、「@適用範囲の設定→Aベストプラクティスの設定→B自社とベストプラクティスとの比較→Cベストプラクティスへの移行計画の策定及び実施」の順で行われる。

 業績ナンバーワン企業の業務プロセスが、ベストプラクティスである。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.