【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  企業法務 3級)

【問題 1】
コンプライアンス、リスクマネジメントに関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 コンプライアンスは、「社会的な規範を守ること」、「ステークホルダーの期待に応えること」等のように様々に表現されるが、これらの表現は、コンプライアンスが元々の定義である「法令遵守」より広い概念であることを示している。

 企業のコンプライアンス体制を補完・強化するために、多くの企業では、従業員等が社内のコンプライアンス担当部門、顧問弁護士等に、直接通報・相談できる内部通報制度(ヘルプライン)を採用している。

 製品の故障率や1件当たりの修理・交換コストをベースに算定した保証対策費を製品原価に含めることは、リスク保有型のリスクファイナンシングと言える。

 リスクコントロールとは、「@リスクの予知・予測、発見」、「Aリスクの防止・回避」、「Bリスクへの対応」及び「Cリスクの再発防止のサイクル」のことをいうが、@は臨床法務の典型的な一場面である。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.