【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  企業法務(取引法務) 2級)

【問題 5】
ファイナンス・リース契約の目的物(以下「目的物」という。)に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

 目的物は、賃貸人(リース会社)指定のものである。

 目的物のサプライヤーは、賃貸人が指定する。

 目的物の使用者は、リース契約を途中解約することができ、解約を申し入れて目的物を返還すれば、リース料の支払義務を免れる。

 目的物の保守・修繕義務は、賃借人が負担する。

 目的物に関する瑕疵担保責任は、賃貸人(リース会社)が負担する。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.