【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  経営戦略 2級)

【問題 1】
企業がとり得る経営戦略に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

 業界に新規に参入する企業が、経営戦略を立案する場合、自社の強みと弱み、及び、機会と脅威とを詳細に分析することにより、主観を排除することができる。

 少ないシェアしか持たない業界のフォロワー企業にとって、競合との合併は、競争上の地位を向上する有効な手段であることから、合併前に相手企業の情報をできるだけ収集することにより、合併後に生じる問題を払拭できる。

 業界のいずれの地位にいる企業であっても、財務、顧客、ビジネス・プロセス、及び、学習と成長という4つの視点による定量的な分析手法を用いることにより、自社が将来いかなる方向に進むべきかが示される。

 最大のシェアを持つ業界のリーダー企業は、後続企業の差別化戦略を詳しく分析して模倣すべきである。

 業界のリーダー企業を追うチャレンジャー企業においては、定量的・定性的な分析手法を用いて、市場を詳しく調査・分析することにより、革新性の高い製品を生み出すことができる。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.