【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  生産管理オペレーション(作業・工程・設備管理) 2級)

【問題 1】
作業管理に関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

 作業管理とは、作業の分析・改善によって、標準作業と標準時間とを設定して、この標準を維持する一連の活動体系のことである。

 作業の問題点(改善課題)は理想と現状との差異として把握されることから、作業改善の実施に当たっては、理想と現状とを可能な限り明確にする態度が大切である。

 作業標準を設定する狙いには、製品品質の安定、作業効率の向上、作業負荷の軽減、作業の安全性の確保等が含まれる。

 作業の標準時間とは、習熟した作業者が、所定の作業条件及び作業環境下で作業を実施した際に、必要となる作業時間のことであり、未習熟作業者の作業時間を表したものではない。

 作業指導書(作業手順書)は、最新技術を反映するために、各作業者が独自のものを作成し、作業改善の実施状況に応じて、自身で改訂を行っていく必要がある。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.