【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  生産管理プランニング(製品企画・設計管理) 2級)

【問題 1】
製品企画と設計管理に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 ライフサイクルの短縮化により、新製品を次々と市場に投入する必要がある近年においては、開発・設計段階でのQCD作り込みの重要性が高まっている。

 デザインレビューには、関連部門が広くメンバーとして参加するが、構想設計段階までは、製品企画部門や製造部門との関わりが密接となってくる。

 必要利益とは、企業を維持し、株主への配当を行い、さらに将来のための研究開発投資、設備投資を行うために必要な利益のことである。

 製品の原価は、開発・設計段階で80%が決定すると言われている。

 機能・品質・価格は、互いにトレードオフの関係にあり、低価格を追求しようとすれば、機能や品質を低下せざるを得なくなる。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.