【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  営業 2級)

【問題 1】
営業部門の目標設定の進め方と留意点に関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

 目標の設定は、到達したいゴールを明確にすることであるが、同時に、組織や組織の構成員が、どのように達成していくかのシナリオを組み立てることも含んでいる。

 競合、チャネル分析等、自社の置かれている外部市場環境を把握することにより、現実に即した合理的な営業目標が設定できる。

 営業目標は実現する具体的な行動目標であることから、組織の経営理念や経営方針に沿ったものでなければならない。

 大企業に多い目標設定方式で、経営企画室等の調査専門部署の分析に基づいてブレークダウンするのが、トップダウン型である。

 組織内で目標数値に対して議論がある状況でも、会社方針である目標数値を変えることは避けるべきである。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.