【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 後期  営業 3級)

【問題 1】
営業に関する記述として最も適切なものは、次のうちどれか。

 営業活動の目的は、営業パーソンのノルマ達成のため、顧客に自社製品を売り込み、売上げを獲得することである。

 無形のサービスやシステム、高額な商品等について、営業パーソンが顧客ニーズを詳しくつかんで提案することにより、顧客が満足できる商品を購入してもらうことができる。

 顧客主体の営業とは、顧客から依頼があって訪問するもので、顧客から相談が来る前に訪問し、「何か困っていませんか?」等と質問することは控えたほうがよい。

 商談は、営業パーソンの言葉遣い、態度、マナー等よりも、商品やサービスの優秀性について、理路整然と説明して納得を得ることが重要である。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.