【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 前期  営業 2級)

【問題 1】
営業部門において目標設定を行う場合、自社の実績分析の進め方に関する記述として最も適切なものは、次のうちどれか。

 目標値設定に当たっては、前年の特に期末時期の販売目標達成及び未達成の原因を精査し、参考にするのがよい。

 過去実績については、売上の変化だけでなく、営業利益、商品部門別、販売エリア別等の視点からも分析するのがよい。

 生産性の分析では、1人当たり販売額が、平均より高い部門やグループについて、その販売活動の評価を行うのがよい。

 活動分析では、個人別の出勤日数、残業時間、訪問件数等の集計を行い、活動目標設定に活かすとよい。

 プロモーション効果の分析では、手段別の費用実績を集計し、手段別予算のバランス調整に活かすとよい。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.