【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成25年 前期  総務 2級)

【問題 1】
A社では、雇用環境の変化に対応し、多様な働き方ができる環境整備を行うこととしたが、その対応として不適切なものは、次のうちどれか。

 定年退職後の再雇用制度において、会社が必要とする労働者を対象に、65歳まで延長することとした。

 「フレキシブルな労働力の活用」の観点から、臨時的・専門的な業務に限定し、契約社員や派遣社員を活用することとした。

 労働時間にとらわれない働き方ができる環境を整え、能力を発揮してもらおうと、研究開発部門の中堅社員に対して、専門業務型の裁量労働制を適用することとした。

 転職者が増加し始めたため、リテンションマネジメントに取り組み、経営が厳しいことから、賃金以外の非金銭的報酬の施策を検討することとした。

 ダイバーシティという側面から、外国人労働者の採用を拡大することとした。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.