【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  経営情報システム(情報化活用) 2級)

【問題 1】
「情報の廃棄」に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 利用頻度の低い情報に対する廃棄ルールとして、情報を保管する総量を決めておき、それを超えた情報を古いものから廃棄する方法が有効である。

 複数の観点から検証した結果、信頼性に乏しい情報あるいは陳腐化した情報は、誤って利用されないよう廃棄する。

 同じ情報が身近に存在したり、あるいはいつでも入手可能な場所にあることが明確な場合は、廃棄対象と考えてよい。

 個人情報のように、再度入手する場合収集コストや時間がかかる情報でも、保管期限や使用目的が終了した情報は、廃棄対象と考えてよい。

 収集した情報を時系列で、又は加工して保存していることにより、将来その付加価値が高まると予想できる場合は、当面は廃棄対象外と考える。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.