【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  企業法務 3級)

【問題 1】
以下は法務部に配属された新卒の新入社員であるA氏とB法務部長との会話である。下線部ア〜エのうち不適切なものは、次のうちどれか。


B部長 「Aさん、入社おめでとう。いち早く一人前の法務マンとして活躍できるようがんばってください。期待しています。」

A 氏 「よろしくお願いいたします。配属前に人事部門の方から、私は、主に、ア .【秘密保持契約書や業務委託契約書の作成・審査などの組織法務】を担当することになると聞きました。」

B部長 「そうです。イ .【契約は、基本的には、契約自由の原則に基づき当事者間で自由に定められる】ため自由度が高い業務ですが、相手あってのことですから、当社が過剰なリスクをとらないように契約内容を綿密に検討、調整しなければならない点で、会社のリスクマネジメント上非常に重要な仕事です。C主任のOJTを受けながら実務にあたってもらいます。」

A 氏 「承知しました。法務部では他にはどのような業務を行っているのですか。」

B部長 「他には、ウ .【特許出願、商標登録、権利侵害の調査・対応などの知的財産法務】も法務部が主管しています。ただ、これらの業務は専門性が高いため、エ .【特許や商標を出願・登録する際は弁理士、権利侵害が生じた場合は弁護士というように社外の専門家を活用しながら、協働で対応しています】。他に質問はありますか。」

A 氏 「あとは業務に取り組む中でC主任に確認しようと思います。ありがとうございました。」


 

 

 

 




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.