【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  経営戦略 2級)

【問題 1】
戦略的提携に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 長期的な企業間の協働を保証することによって、働くモチベーションが継続的に向上し、安定した経営資源の融通や知識の共有が可能となる。

 企業間で協働の場を形成することとなり、その結果、相互に学習する機会を得ることができる。

 相互の企業が不足している経営資源を補完できるという点において、メリットがある。

 「特殊な投資が必要な取引」は「市場取引」より、無理な要求を提携相手に課すことができる点において、メリットがある。

 2つ以上の企業を1つに統合しないことで、健全な緊張関係を維持し、相互に貢献し合う意欲を維持することができる。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.