【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  経営戦略 2級)

【問題 14】
一般的なドメインに関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

 特に創業時の企業においては、経営者が抱く「わが社の事業はどうあるべきか」というドメインと、創業後の企業が当面存続するために、まず着手する事業領域という意味でのドメインとの間にギャップがある。このギャップは、企業の成長を阻害するため注意を要する。

 事業の多角化を検討する際には、特定のドメインの範囲に収めることが難しい非関連型多角化の場合を除き、各事業が定義されたドメインの範囲に収まることが肝要である。

 ドメイン・コンセンサスを得るための有効な手段としてCI活動がある。その主な目的は、組織構成員によるドメインの理解をより深め、意識や行動を統合することにある。

 特にドメインが再定義される場合は、先に策定された経営戦略や既に着手した事業を踏まえて、ドメインを定義し直すことがある。

 経営戦略はドメインに従って策定されなければならない。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.