【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  経営戦略 2級)

【問題 16】
経験曲線効果に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 主に従業員の熟練によってコストが低下するため、現場従業員の教育制度やOJTなどを充実させることも重要である。

 利益率が高まることで従業員がより高いモチベーションを維持し、その結果として習熟効果が高まる。

 経験曲線効果は企業組織の製造部門以外でも広く見られる現象であり、その要因として従業員の学習効果が挙げられる。

 経験が蓄積されてコストが低下する、という一般的な事象から明らかにされた帰納的概念である。

 より大量に生産することでより早く経験曲線効果が獲得できるため、利益率を度外視したシェア獲得競争が起こることもある。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.