【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  経営戦略 2級)

【問題 18】
差別化戦略に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 業界内で圧倒的な企業規模、市場占有率、技術力、ブランドロイヤルティ等を持つトップ企業が存在する場合、チャレンジャー企業は製品・サービス面での差別化戦略で臨まざるを得ない。

 差別化のためには、他社が追随できないユニークな価値を付加させることに注力する必要がある。しかし、差別化のためにコストが上がりすぎると、付加価値とのバランスが崩れて、市場を失う恐れがある。

 差別化戦略の成功のポイントは、その差別化によってもたらされる優位性が、長期にわたって維持できるか否かである。

 他社に模倣されない商品とするためには、技術、サービス、販売チャネル等の複数の戦略的要素を組み合わせることが望ましい。

 差別化戦略とは、市場全体を対象とし、製品やサービスを差別化し、競合企業よりも低価格の製品やサービスを提供する戦略のことである。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.