【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  経営戦略 2級)

【問題 19】
ある業界におけるマーケットシェア2位のチャレンジャー企業が、業界トップのリーダー企業に対抗して差別化戦略をとる場合、リーダー企業から同質化(模倣)戦略による反撃を受けにくくするためには、製品自体の差別化だけでなく、マーケティング戦略における差別化も考える必要がある。上記の視点から、チャレンジャー企業におけるマーケティング戦略に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 歯磨き粉と歯ブラシともに市場シェアトップのA社に対抗し、歯ブラシ市場で2位の専業メーカーB社は歯磨き粉が少量で汚れがよく取れる新型歯ブラシを発売する。

 デパートでの販売を主とする化粧品業界におけるリーダー企業C社に対抗して、チャレンジャー企業D社は訪問販売や通信販売などの無店舗販売に注力する。

 コンビニエンスストア業界トップのE社の販売店網が未開拓な地域に重点を置いて、2位のF社は販売店網を構築する。

 家庭用掃除用品のメーカーであるG社は、家庭の主婦をパート販売員として組織化することで自社の強みとし、業界トップの地位を築いている。これに対抗し自社の正規従業員の販売力を強みとしているチャレンジャー企業H社は需要の大きい夜間営業の飲食店をターゲットとする。

 全国に販売店網を構築している文具メーカーのリーダー企業I社に対抗して、チャレンジャー企業J社はインターネット販売に主力を置く。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.