【過去問倶楽部】資格対策
〜ビジネスキャリア検定〜
 (平成26年 前期  経営戦略 2級)

【問題 20】
航空会社の戦略的提携や、製造業者、流通業者間のサプライ・チェーンなどのように、企業内の他事業との提携、あるいは他企業の事業との提携の戦略を、個別事業の戦略と区別して、「事業システム戦略」と呼ぶことができる。事業システム戦略に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

 ビジネスの横の連鎖に関わる戦略は、同質市場群を横断する「事業連結」を意味する。

 製品企画から生産・流通・販売に至る機能連鎖は、ビジネスの縦の連鎖であり、関わる諸機能の連携の協力度により、成果が変わる。

 戦略的提携は、出資を伴わない業務提携、所有権に投資する業務・資本提携、及びジョイント・ベンチャーに大きく分類できる。

 ジョイント・ベンチャーのパートナー企業間は、契約だけに依存するのでなく、パートナー間に信頼関係が醸成されることが重要である。

 SCM(サプライ・チェーン・マネジメント)による需給同期化戦略では、生産・流通・在庫等における規模の経済性が得られにくい可能性がある。




ビジネスキャリア検定の問題番号選択画面へ

ビジネスキャリア検定(年度別)のトップ画面へ

ビジネスキャリア検定(科目別)のトップ画面へ

過去問倶楽部のトップ画面へ(資格試験の選択)


過去問倶楽部


Copyright(c) 2009 過去問倶楽部 All rights reserved.